筋肉減少+肥満=非常に危険

サルコペニア肥満とは筋肉減少と肥満の両方をあわせもつ状態です(サルコペニアとは加齢による筋肉の減少を指します)。
聞きなれない言葉ですが、ここ1~2年で前から注目されるようになっています。

サルコペニア肥満は通常の肥満よりも高血圧などの生活習慣病などにかかりやすく、また運動能力、特に歩行能力を低下させるため、寝たきりになるリスクを高めます。

サルコサルコペニア肥満は筋肉が減少し、脂肪が増加するため、全体として体重や体型が変わらない場合があるため、気づきにくい状態にあります(右図参照)。そのため、発見が遅れがちで、生活習慣病などが進行しやすくなります。

見た目は普通なのに実は肥満という意味でメタボリックシンドローム(通称メタボ)と似ていますが、メタボは内臓脂肪型肥満なので目立たないだけであって、筋力低下とは直接関係ありません。なので、サルコペニア肥満とメタボリックシンドロームは異なります(ただし、メタボの状態で筋肉が減少するとサルコペニア肥満を合併することもあり得ます)。

サルコペニア肥満は高齢者に多い症状です。
筑波大学の久野譜也教授の調査によれば、男女とも60代でサルコペニア肥満が増え始め、70代以上になると約3割が該当したそうです。また女性に多いと言われています。

しかし、サルコペニア肥満は高齢者だけが注意すればいい問題ではなく、若い人たちの間でも予備軍が見られます。
基本的に、運動不足で必要以上の食事を摂る人なら、サルコペニア肥満になる可能性があります。
また、過度な食事制限を課す誤ったダイエットによって筋肉が減少する状態も将来のサルコペニア肥満につながります。


原因は老化・運動不足&食べ過ぎ

imotare筋肉は老化や運動不足によって減少していきます。それにともない基礎代謝が減り、体が必要とするカロリーが少なくなります。にも関わらず、以前と変わらない食事量だと、余分なカロリーが脂肪になって体に蓄積するようになります。そうなるとサルコペニア肥満の出来上がりです。

サルコペニア肥満の怖いところは、これに気づきにくいという点にあります。通常の肥満だと、体型に変化があって自覚しやすく、ダイエットや運動をする気になりますが、サルコペニア肥満は見た目の変化があまりないので、これまでと同じような生活や食事を続けてしまいます。

また、サルコペニア肥満が注目されるようになったのは最近であって、その存在は世間にほとんど知られていません。仮に筋力低下と肥満に気づいても、それが病気や寝たきりにつながる非常に危険な状態であることを知らないと、そのまま放置してしまします。

メタボリックシンドロームも当初はその危険性が知られていませんでしたが、数年で知名度が急速に広がりました。現在ではメタボ診断も健康診断で普通に行われるようになって、予防対策も進んでいます。
サルコペニア肥満についても、今後、原因や予防の啓発が進むことが期待されます。


<リンク集>
絶対痩せる薬